ニッケルカドミウム電池・ベント型蓄電池って何?

ベント型蓄電池は主に自動車用のバッテリーとして用いられるもので電解液が充填された蓄電池です。
充放電中に内部でガスが発生しますが通気孔を設け内圧を開放し、外部へと放出する仕組みです。
通気孔にはフィルタが備えられているので、電界中の硫酸の飛散防止、引火誘爆の対策が取られています。
ベント型蓄電池は充電時の取り扱いが非常に簡単というメリットが有ります。
但し、充電中には水の電気分解反応と自然蒸発により電解液に含まれる水分が失われますので定期的に電解液料を確認しなければいけず、液量が少なければ精製水を補充する必要があります。
産業用のベント型蓄電池は触媒栓を取り付け電気分解によって生じた酸素を逃し水素ガスのみを吸着し、放電時には空気中の酸素を利用して水素を水に戻す事が可能となっています。
ベント型蓄電池は2つの極板構造がありペースト式は大電流の放電に、クラッド式は長寿命の特性をそれぞれ持っています。
ペースト式はUPSやエンジン始動用にクラッド式は電話交換機などに使用されています。

ニッケルカドミウム電池は、繰り返し充放電可能な二次電池の1種で、ニカド電池と呼称されることもあります。
正極活物質にオキシ水酸化ニッケル、負極活物質にカドミウム 、電解液に水酸化カリウムを用い電圧は約1.2Vです。
最大の特徴は何と言っても充放電を繰り返すことが出来る点であり、最大で500回ほどの充電に耐えられるほどの頑丈さがあります。
大電流の特性があることからコードレス電話や、電動工具、シェーバー、非常照明などに使用されています。
ただ定格電圧は1.5Vよりも低いので適用不可の電気機も多く、汎用性がやや低めなのが難点と言えます。
また自己放電による容量低下が多く、1日放置しているだけでも結構な容量の電池を消耗してしまいます。
メモリー効果も発生するという欠点があり電気が残っている状態での継ぎ足し充電をしてしまうと充電容量が減少してしまうので使用には注意が必要です。
ニカド電池に含まれるカドミウムは有害物質であることから、利用されるケースは少なくなってきています。
土地付き太陽光発電のメリットとデメリットはなに?

電気節約のポイント!

お金を貯めたい!と思った時、まず最初に思い浮かぶのが「節約」という言葉ですよね。

食事、光熱費、ガス代や交通費などたくさんの節約の方法があると思います。

今回はその中でも「電気代の節約」についてご紹介したいと思います。

電気代の節約!といってもいざ始めるとしても何からすべきなのか分からない方も多いと思います。

「まめに電気を消す」という事くらいでしょうか。

まず一番最初に電気代が高くなる時期夏!!

だんだん我慢できなくなってきて、エアコン付けて冷えたら消し、暑くなってきたらまた付ける。

まめに電気を消すこの方法、一見節約かと思いきや逆に電気をものすごく消費しているんです。

なぜならエアコンは設定温度まで室温を下げたり上げたりする事で一番電気代がかかってしまっているからです。

一度温度を下げたらそのまま温度を自動運転に切り替えることの方が電気代の節約に繋がります。

また扇風機を使うことも大幅に電気代の節約になります。

室温28°を保ったまま、扇風機を使うとエコにもなりますし、体感温度も下がるので快適に室内で過ごす事が出来ます。

では反対に冬だとどうでしょうか。

暖房も冷房と同様に、暖房+扇風機で節約することが可能です。

暖かい空気は上に溜まってしまうので、扇風機を使って上手く空気を回すことによって無駄に温度を高く上げなくても暖かく過ごすことが出来ます。

他にも温度を一定に保ちながら必要な面積だけ電気カーペットを使って過ごしてみたり。

ただずっとエアコンを付けたままにしていると部屋が乾燥してしまうので、眠るときはエアコンを切る代わりに電気毛布、湯たんぽを使うなど、冬は色々なアイテムが揃っているので、用途によって使い分けていくのも良いと思います。

身近な生活習慣を少しだけ変えてみるのも十分な節約になりますのでみなさんもぜひ活用してみてください。
分譲太陽光発電について

二次電池って何?リチウムイオン電池とは?

名前から分かる通り電池の一種で充電と放電を繰り返すことが出来る電池です。
化学エネルギーを電気エネルギーに変換する放電のみ出来るのが一次電池です。
二次電池に代表される通称ニッカド電池であるニッケル・カドミウム電池が代表的です。
建築設備分野では鉛蓄電池・アルカリ蓄電池・リチウムイオン蓄電池が一般的に使用されています。
非常用照明や誘導灯、火災停電時の発信機・受信機、UPSなど幅広く活用されています。
また正極材にコバルト酸リチウム、負極材に黒鉛、有機系の電解液を使用したリチウムイオン電池は携帯電話やノートパソコンの電源に使用されここ数年で主流の二次電池とされています。
二次電池は充電することで繰り返し使用することが出来るのが最大の特徴とも言えますが、中には時間経過とともに自然放電するものもありますので、長期保存する際は失われた容量を充電する必要があります。
二次電池の種類や保存状態によって自然放電の大小は異なります。

リチウムイオン電池は正極から陰極へリチウムイオンが移動する反応を利用した電池です。
小型精密機器や通信機器の電源用電池など幅広く用いられており、近年では設備用蓄電池に用いられることも増えてきています。
またエネルギー密度が高い上に寿命が長いので携帯電話やノートパソコンの内蔵電池としても活用されています。
約500回程度充電と放電を繰り返すことが出来、保存している状態での事故放電量も少なく高い性能を持った電池と言えます。
所定の回数以上の充電した時点で電池の容量は約60%まで減少してしまいます。
例えばリチウムイオン電池を使用した携帯電話であれば充電を毎日繰り返していると1年と半年程度で電池の容量は半分ほどにまで減ってしまいます。
一般的な蓄電池は浅い充電を繰り返しているとメモリー効果によって電池の性能が劣化してしまいますが、リチウムイオン電池にはメモリー効果がありません。
つまり頻繁な充放電に強く性能の劣化スピードが遅いということです。
但し、使いかたによっては寿命を短くすることもあるので気をつけなければいけません。
常に充電器にコンセントを挿したまま使用し続ける方も多いですが、これは浅い充電を繰り返している状態ですから電池の寿命に悪影響を及ぼしてしまいます。42円物件ならコチラ